★ 内閣官房長官 すが義偉 経済人「春の集い」 ★

報告者:理事 撫養 勉成

  • ○日  時:平成29年 3月 2日(木)午後12時15分より
  • ○場  所:ロイヤルホールヨコハマ
  • ○参 加 者:小澤理事長、杉山紀子横歯会長
  • ○人  数:約100名

【内容】

 菅官房長官が公務のため遅れるなか、西区・南区・港南区選出市会議員が壇上に上がり順次挨拶。続いて、林文子横浜市長が壇上へ「法人税収が大阪市に比べてもかなり少ない。横浜市は約90パーセントが中小企業である。京急本社の横浜市移転は非常に嬉しい。横浜北線の開通は横浜港・羽田空港とのアクセスを向上させる。」などと挨拶。
 19時15分過ぎに菅官房長官が到着。「首相官邸で、国家安全保障会議(NSC)4大臣会合を開き、南スーダンでの国際平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊施設部隊を撤収させる方針を決めた。マスコミにばれないよう数ヶ月前より検討していた。また官房長官在位期間4年半と歴代最長を記録中だが、日本経済再生を最優先に様々な改革に取り組み、着実に結果を出してきた。年金基金運用も昨年10月から12月はかなり利益があった。損失がでた時は、マスコミはかなり報道したが、上がった時は、報道されない。」と語った。
 最後に、林文子横浜市長を壇上に招き上げ、待機児童ゼロの実績をあげ、次期横浜市長選への出馬をしてほしいと要請した。