−−− 衆議院議員すが義偉さんを激励する −−−

★ 第34回 市会議員 たのい一雄 新春の集い ★

報告者:理事 撫養 勉成


【内容】

 例年通り、着座式で行われた。まず来賓祝辞があり、
 桐生秀明県会議員(港南区選出)「昨年港南区で起きた児童らの交通事故をうけて、県も通学路安全対策に予算を確保。」
 三原じゅん子参議院議員「参議院予算委員会理事として、横浜市・神奈川県の経済活性化に努力する。」
 渡邉美樹参議院議員「菅官房長官のお引き立てのおかげで議員になれた。田野井先輩と共に横浜を元気にしていきたい。」
 最後に菅義偉官房長官令夫人がマティス米国防長官訪日中のため出席出来ない官房長官に代わりに挨拶。
 続いて、つい先日椎間板ヘルニアの手術をしたばかりの、田野井一雄市会議員が元気に挨拶。最初に29年度の横浜市の予算を数字を上げて報告。市議は、これまでも横浜の経済の発展を図ってきたと力説。
 上大岡では、ウイリング6階から8階がパラリンピック競技選手のスポーツの拠点に。3月に港南区役所庁舎が開所。港南公会堂の建て換えが始まる。
 横浜市全体では、関内・関外経済活性化推進会議を市庁舎移転に伴い進めている。ベイサイトマリーナの三井不動産への売却。南部市場の跡地の整備。がん撲滅対策推進条例の推進。環状線の整備。市民病院の建て替え。3月に都市緑化フェアー開催。ラクビ―ワールドカップに向けての、日産スタジアムの整備。通学路安全確保。10月1日の横浜マラソン大会。
 小児医療助成事業。など多方面にわたり予算額を提示しながら事業説明。
 これからも、菅官房長官と連携を図り「いきいき健康都市ヨコハマ」づくり、「横浜経済活性化推進」に全力投球すると宣言。
 会は、十八番の鉄腕アトムの歌で閉会となった。


会員トップへ戻る

平成28年度会務報告一覧へ