★ 自民党泉区連合支部・3本の矢後援会 新春の集い ★

報告者:理事 江口 幸壽千


自民党泉区連合支部・3本の矢後援会 新春の集い

支部長 梶村充 横浜市会議長
参与 坂井学 衆議院議員(左) 幹事長 田中信次 神奈川県議会議員(右)

【内容】

 横浜市泉区で2月26日、自民党泉区連合支部と3本の矢後援会主催による新春の集いがJA横浜みなみ総合センターで開催されました。横浜の経済人、団体関係者、また地の支援者400名以上が参加し、島村大参議院議員も多忙の中、激励に駆けつけ盛大な会となりました。
 人口373万人の大都市横浜の議長として梶村支部長挨拶では、緑園小中一貫校の教育インフラの整備実現。また、3月5日より相模鉄道線の連続立体交差事業に関する星川駅から天王町駅の下り線高架橋上への切替え、鶴ヶ峰駅から二俣川駅間の連続立体交差の事業化、発展について力強く述べていました。さかい学衆議院議員、田中しんじ神奈川県議会議員、かじむら充横浜市会議員と泉区発展の為、強固な連携を活かしての「泉区三本の矢」のさらなる活躍が期待されます。


会員トップへ戻る

平成28年度会務報告一覧へ